サイトマップ

誰にでも人生の大切な時期に彼我の分け隔てなく思

い掛けずに事故や病気が降り懸って来るものです。

自動車等を安全運転していても、歩行中でも、予期

せぬ理不尽な事故にあうこともあります。

 

4大突然死と言われる疾病も同様です。

①心疾患(虚血性心疾患、急性冠症候群、間質性心筋

 炎、突発性心筋症、冠動脈起始異常、ブルガタ症

 候群)。

 

②脳疾患(クモ膜下出血、脳出血、脳梗塞)。

 

③呼吸器疾患(睡眠時無呼吸症候群)。

 

④消化器疾患(肝硬変肝血管腫、胃潰瘍、イレウス、

 マエリー・ワイス症候群)

 

これらの原因は「メタボリックシンドローム」「高血

圧」「心疾患」「睡眠時無呼吸症候群」と言われます。

 

働き盛りの40代男性が全年齢の中で1番突然死が

多いのです。

 

ストレスに対して回復させる抗ストレスホルモンを

出す副腎の処理能力が追い付かず、抗ストレスホル

モンに似た効果のあるカフェインを欲することにつ

ながります。

 

1日にコーヒー4杯以上飲む、栄養ドリンクを毎日

常飲する、など元気な人ほど突然死の危険が迫って

いるかもしれません(潜病)。

 

その時にはどう対処すべきなのか?。

 

授かった命の尽きるまで前進する途中で身体を損ね

世界的に高い水準にある日本の医療環境にあって、

命を救われ生き延びたと感じた時、身にしみて健康

の有り難さを感じたものです。

 

一方通行の人生に注意し過ぎることはありません。

 

     

    スポンサーリンク






    スポンサーリンク




    広告