投稿者「but.jp-excelhouse」のアーカイブ

(19)根尖性歯周炎

 

平成31年2月22日地域の掛かり付け歯科医院で

左側下顎7歯(奥から2番目)の虫歯治療を受けた後

歯の噛み合せに痛みを感じ、5月10日に噛み合せ

を再治療して頂きました。

 

噛み合せ再治療後も痛みは残り6月4日に再三噛み

合せ治療をして頂いた際、下の歯が割れているので

次に削る時は上の歯を削ると言われました。

 

事前にレントゲンと歯型を取って治療に当ったにも

かかわらず歯の噛み合せにこれ程までに手こずるに

は他に原因があるのではと疑念が湧きました。

 

睡眠時無呼吸症候群治療でマウスピース治療通院中

の大学病院歯科口腔外科外来を訪れ診察して頂きま

した結果根尖性歯周炎と診断されました。

&nbsp

医師の説明では、歯の内部(髄腔)には神経・血管等

(歯髄)が収納されており、加えて多数の細菌が生息

していると言います。

 

むし歯が進行すると歯がしみる症状(歯髄炎)になり

放置すると細菌により歯髄壊死に至ります。

 

症状は歯の色が変わる・冷たいものがしみなくなり

やがて歯根の尖端にある神経・血管の入ってくる孔

(根尖孔)から歯根の周囲(根尖歯周組織)に細菌の感

染が広がり、病巣が拡大していきます。

 

その結果、歯根の尖端に炎症が起きて膿が溜まった

状態が根尖性歯周炎です。

むし歯を以前治療した歯からの発祥が大半です。

 

進行すると歯根からの炎症が広がり顎の骨(歯槽骨)

内部に膿が溜まり、顎の骨が溶けて破壊されること

や、顎の激しい痛みや腫れることにもなり得ます。

 

根尖性歯周炎の治療には、歯の内部で感染した歯髄

や細菌を取り除く(感染根管)治療を行います。

 

細くて複雑に入り組んだ歯の根の内部(根管)は治療

が非常に困難で、根管の形が複雑の場合治療には1

ヵ月以上掛かってしまうことにもなります。

 

歯が歯肉内で縦に割れていて、歯根の一部が溶けて

吸収されている事がレントゲン画像で確認されて、

分割して抜歯する必要があると診断されました。

 
平成31年8月8日局所麻酔を歯肉周囲へ注射し、

ヘミセクション(分割抜歯)手術を歯科医師二人掛り

で行いました。

 

歯肉を開き歯を縦に切断分割して、一部が溶けてい

る歯を取り除き、開いた歯肉を縫合し、止血を施し

て終わりました。

 

手術後に鎮痛解熱剤と抗生物質が投薬されました。

手術当日及び以降も創部からの出血が止まらず、服

用中の抗血栓薬を1週間中止して止めました。/span>

 

手術後2~3日は左頬や左顎が腫れて痛み、1週間

程して痛みは治まりました。

 

その後は医師の指示に従い定期的に外来診察を受け

定期的に通院しております。

 

平成31年12月18日に抜歯後の診察の結果根尖

性歯周炎の治療は終了致しました。



(18)睡眠時無呼吸症候群Ⅱ

 

平成23年9月21日の睡眠時ホルター心電図検査

において激しい頻脈が計測されされました。

 

大学病院呼吸器内科の診察を受け、睡眠時無呼吸・

低呼吸計測器スリープテスターの計測結果が無呼吸

指数9.7回/時(5~14は軽程度)と診断されました。

 

睡眠時無呼吸症候群とは、一晩の睡眠中に無呼吸が

30回以上もしくは1時間に平均5回以上認められ

更に一部に心拍数や血圧などの低下が現れること。

 

同時に酷いいびきを伴うことへの治療を行うために

マウスピースを装着して睡眠することになり、以降

通院して経過観察することとなりました。

 

その後半年毎に睡眠時スリープテスター計測検査を

受診しておりました。

 

平成30年12月9日睡眠時スリープテスター計測

の結果が無呼吸低呼吸指数(AHI)36回/時に上

昇していました。

 

この無呼吸低呼吸時間は最小12秒・最大86秒・

平均33秒でした。

&nbsp

睡眠中に無呼吸・低呼吸が起きる度に脳が覚醒し熟

睡出来ずに、昼間の眠気や集中力低下をきたし、居

眠り運転事故を招く原因にもなります。

&nbsp

酸素不足が長期に渡り繰返されることで、高血圧・

不整脈・肺高血圧症・心筋梗塞・脳卒中などの危険

因子になりうると指摘されております。

 

計測結果は重症の睡眠時無呼吸症候群に当たり、更

に睡眠中のいびきと酸素不足を調べるPSG(検査)

を受けることとなりました。

 

平成31年2月1日に1泊2日の個室入院でのPS

G検査を受けた結果、CPAP(持続腸圧呼吸療法)

を開始することが必要との診断に至りました。

 

CPAP療法とは、睡眠時に呼吸の通り道の上気道

(鼻腔)や咽頭周囲が狭くなるのを防ぐるために、機

械で圧力をかけた空気を送り込み気道を広げ無呼吸

を防止する治療法です。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査費用は健康保険が適用さ

れ終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査費用が3割負担

で10,440円ですが、別途個室入院の差額ベッ

ト料が保険適用外で掛かります。

 

CPAP治療費用は健康保険が適用され3割負担で

月々4,5000円程度掛かります。

 

平成31年2月16日よりCPAP療法を開始して

3月23日の初回外来診察日に機器使用30日間の

無呼吸低呼吸指数0.7回/時と改善結果が現れた。

 

機器の取扱状況等の確認と継続治療を行う必要性の

看護説明を受けました。

 

4月27日の2回目外来診察日に無呼吸低呼吸指数

0.3回/時と更なる改善結果が現れました。

これまでの症状の変化が認識でき、日常生活に定着

させることへの看護指導を受けました。

 

その後は2か月に1回の外来診察をうけており、7

月21日~8月19日の無呼吸低呼吸指数0.1回/

時、9月22日~10月21日の無呼吸低呼吸指数

0.2回/時の正常値へと激減していました。

 

このCPAP療法結果は致命的な心筋梗塞と脳卒中

の発生率をCPAP療法前の1/3以下に低下させ

る効果があることも知り得ました。

 

その後、2か月に1回大学病院呼吸器内科外来へ診

察を受けに通院しており、毎回無呼吸低呼吸指数は

0.1~0.3回/時の正常値以下にあります。

 

(17)睡眠時無呼吸症候群

 

平成11年3月に心筋梗塞で大学病院循環器内科に

て入院手術を受けて以降3か月ごとに経過診察と投

薬を受け、半年毎に睡眠時の心電図波形を記録する

ホルター心電図検査を受けに通院しておりました。

 

ホルター心電図検査は夜間や運動時の症状出現時に

不整脈の性状・頻度の解析を記録されるため、虚血

性心疾患の発見に極めて有用であります。

 

平成23年9月21日のホルター心電図検査におい

て睡眠中に激しい頻脈が計測され、担当医師から緊

急電話連絡がありました。

睡眠中に頻脈の自覚症状はありませんでした。

 

大学病院循環器内科外来に出向き心電図を改めて計

測した結果は、特に異常は見つかりませんでした。

 

医師からの問診への応答で「夜間睡眠中一時的に呼

吸が止まっている、いびきが激しい。」と妻から言

われたことがあると告げました。

 

睡眠時無呼吸症候群ではとの疑いで、9月21日に

呼吸器内科の診察を受け、睡眠時無呼吸・低呼吸計

測器(スリープテスター)を貸与されました。

 

夜間の睡眠中に一時的に陥る無呼吸・低呼吸を計測

したスリープテスターを、翌日呼吸器検査室に持参

いたしました。

 

計測結果は無呼吸指数9.7でした。

無呼吸指数分類は無呼吸指数5以下は正常・15以

上は異常中程度・30以上は異常です。

 

経過観察をすることになりましたが、治療を兼ねい

びきを止めるためのマウスピースを作ることを勧め

られ、歯科口腔外科を紹介されました。

スポンサーリンク





閉塞を防いで無呼吸・低呼吸状態を抑え、併せてい

びきも抑える効果が見込まれるのです。

 

早速、歯科口腔外科に出向き、マウスピースの製作

を依頼し歯形を採られました。

 

数日後に出来上がったマウスピースの装着調整を行

いました。

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に10秒以上続く呼吸

停止が1時間に5回以上あると、この病気の可能性

が高いと判断されます。

 

低酸素状態が断続的に続くことで高血圧や脳卒中や

心疾患など様々な合併症も引き起こします。

大きないびきをかくのも特徴です。

 

睡眠時間を確保しても睡眠途中で睡眠が分断され脳

が十分休まらないため昼間に眠気を引き起こし運転

中などに発作が起こると事故の原因にもなります。

 

脳内のオレキシンという覚醒維持に関連した物質の

低下が病気に関係していることが分かっています。

 

その後、マウスピースをつけて夜間中の睡眠をとり

始めた結果、いびきは大方なくなり、無呼吸状態も

徐々に改善されつつあります。

 

現在、スリープテスター検査を受けるために、半年

毎に通院しております。

 

直近のスリープテスター検査結果は無呼吸指数8.

8でした。

 

スポンサーリンク