(8)大腸癌Ⅱ

 

消化器外科への入院が平成16年7月13日に決

まり、手術が7月15日に決まりました。

 

入院早々手術前準備で、禁食・点滴・浣腸・剃毛・

入浴を行いました。

 

腹腔鏡併用横行結腸癌切除術という手術が、胸椎に

局部麻酔を打たれ腹部以下を麻痺させてから行われ

ました。

 

精神安定剤を投与されてモウロウとした精神状態の

中で手術が行われ、様子は分かりませんでした。

 

癌の他臓器・リンパ節・腹膜・血液への転移は見当

たらず、手術は無事終了しました。

 

病室に戻され、手術後の縫合不全・創感染・腸閉塞

・術後出血・排便障害・神経麻痺などの手術合併症

が起きた場合に備えた看護体制の下で一夜を過ごし

ました。

 

手術後4日目には食餌摂取となり合併症も起きず経

過は順調に推移し8月3日には退院となりました。

 

医師の説明によれば、大腸癌は他の癌に比べて比較

的早期発見が可能で、早期に発見されれば手術療法

によって95%以上完治できる可能性が高いことか

ら人間ドックなどでの積極的な検診が望ましいとの

ことです。

 

大腸癌は初期段階では自覚症状がなく、下痢や便秘

の繰り返しや、血便が多く見られたり、腹痛などの

症状が出た場合は臨床病期Ⅱ以上の進行癌が予想さ

れます。

 

医師からは、癌の再発を考慮して術後5~6年は定

期的に外来診察及び検査を受けることを勧められ、

その勧めに従うことに致しました。

 

今回の、入院検査費用は、入院料・手術料・麻酔料

・検査料・包括評価料・食事療養費等で医療保険を

適用して支払、後日高額療養費に対する自己負担月

額限度額を超えた金額が区役所国保給付係から還付

され実質負担額は約3万6千円で済みました。

スポンサーリンク







秋田県の玉川温泉の温浴・岩盤浴は高血圧症・動脈

硬化症・婦人病・神経痛・皮膚病・喘息・癌に効能

があるといわれおります。

 

中でも岩盤浴は特別天然記念物の北投石から半永久

的に放射されるラジウムにより、低線量放射線に活

性酸素を抑制するホルミシス効果を得る事が出来て

「癌に効く」と評判になっております。

 

そのことがテレビや雑誌等に取り上げられ、全国か

ら年間30万人以上の癌患者が訪れており、その効

能に浴しようと退院後毎月1週間程の日程で玉川温

泉の岩盤浴へ7ヵ月間湯治療養に通いました。

 

岩盤浴の効能のお陰かはしれませんが、今日迄10

年余も命を永らえていられることは、ひとまず安心

できる状態ではないかと思っております。

 

現在年1回の大腸内視鏡検査及び経過観察のための

診察を受けに通院しております。

 

スポンサーリンク






広告