(9)ドライアイ

 

平成18年秋冬の頃、目が乾く・目がかすむ・目が

ゴロゴロ・目がショボショボ・目が痒い・目が疲れ

る・目が痛い、身体を酷使していないのに頑固な肩

こり・首がこる・背中がこるなどに悩まされていま

した。

 

5Kg以上もある頭を身体の中心から前に突き出した

恰好でエアコンの効いた部屋でパソコンやテレビな

どを見過ぎていたりして長時間同じ姿勢を長年続け

ていたことで、目の酷使・血行不良から肩こり・首

のこり・背中のこり・頭痛・耳鳴り・胃炎・ストレ

ス・睡眠不足・無気力などの症状につながったもの

と思われます。

 

長年仕事上でパソコンに掛かりっきりの状態が積も

り積もった結果ではとの疑いから最寄りの眼科医院

で検査した結果ドライアイと診断されました。

 

医師の説明によると、冬の季節は空気が乾燥してい

る上にエアコンなどの暖房機使用で部屋の空気が乾

燥して肌だけではなく目からも水分が奪われます。

 

涙は目を守るバリアのような働きをしており、乾く

と目の乾きや疲れを感じるようになります。

 

ドライアイは目の粘膜の肌荒れのような状態で、誰

にでも発症しうる病気なのです。

 

目の表面は涙に覆われてツルツルしていますが、ド

ライアイになると目の表面が乱れ、そのために物が

ハッキリ見えなくなることがあります。

 

加えて、目がゴロゴロする・涙が出る・光がまぶし

い・目ヤニ・充血などもあります。

 

主な原因は、涙の減少・成分の変化、まばたきが少

ない、涙が蒸発する、コンタクトレンズ、アレルギ

ー性結膜炎、紫外線などです。

 

歳をとるに従い涙を分泌する能力が低下するため、

涙の分泌量が減ってしまい涙の流れや排出が悪くな

り、目の表面に老廃物がたまりやすくなります。

 

加齢により40歳頃から老眼が始まり、涙の分泌量

が減少することでドライアイにもなります。

 

老眼はピント調節機能の衰えが原因で、ドライアイ

はパソコンやスマートフォンなどデジタル機器の凝

視やコンタクトレンズの使用等による眼精疲労が原

因です。

 

まぶた裏のマイボーム腺からの油の分泌が低下し水

分が蒸発し、ドライアイを引き起こすことにもなり

ます。

スポンサーリンク






目の酷使による眼精疲労からの疲れ目や肩こりの初

期症状を放置しておくと、頭痛・吐き気・めまい・

強い眠気・不眠症・食欲不振・過食・生理不順・動

悸・耳鳴り・痙攣・イライラ・不安感の増幅・抑う

つ状態の末にはうつ病に至ることにもなります。

 

この症状をVDT症候と呼ばれ、パソコン・スマ

ートフォン・タブレット・テレビゲーム・ポータブ

ルゲーム等の長時間使用による同じ姿勢が原因と見

られております。

 

目の酷使が避けられない仕事上や勉学上の必要から

眼精疲労を蓄積させないことが大切な事です。

その後、ドライアイ治療には診察と点眼薬の投与

を受けに定期的に通院しております。

 

治療中における症状は、冬季には目の涙の分泌量が

ゼロになる日もあり、引続き目の乾きは常時感じて

おります。

 

点眼薬を投与していることからドライアイの進行阻

止と・目の角膜が傷付くことは免れております。

 

パソコンや新聞・本などの細かい文字がかすれて見

えずらくなることはしばしば起きております。

 

目がゴロゴロ・目がショボショボ・目が痒い・目が

疲れる・目が痛い、は今でも感じております。

 

スポンサーリンク






広告