(2)閉塞性動脈硬化症

 

30歳の春、約10年前の交通事故による左大腿部

打撲痕の後遺症ではとの疑いと・喫煙と・高コレス

テロール値とが相まって、左足第3指先に痛みを伴

うチアノーゼ(紫色)現象が現れてきました。

結婚を数日後に控えた時期に、知り合いの皮膚科医

院を訪ねて応急処置を受けました。

 

その皮膚科医院へはその後、2年間に渡り通院をし

ましたが、治療効果は遅々として、治療に疑念を抱

き始めた頃でした。

 

そんなある日、皮膚科医院へ出入りの製薬会社営業

社員が医師に「血管撮影は行ったのですか」の問い

かけを耳にし、不安がよぎり32歳の春に大学病院

一般外科外来で診察を受けた結果、閉塞性動脈硬化

症と診断されました。

スポンサーリンク







閉塞性動脈硬化症の症状は、手足の冷え・足の痛み

足先に潰瘍発症等、血管の動脈が詰まる疾患です。

 

医師の説明では、閉塞性動脈硬化症の臨床病期は、

Ⅰ度 無症状または足のしびれ・足の冷感。

Ⅱ度 少しの歩きで足が痛む・少し休むと治る。

Ⅲ度 じっとしていても足が痛む・夜間就寝中な

   どに強く痛む。

Ⅳ度 足の皮膚がただれ(潰瘍)や壊死(エソ)する。

 

動脈硬化症は全身性かつ進行性の疾患で、虚血性心

疾患・脳血管障害を起こす確率が高いと云われる。

 

治療には、軽傷患向けの薬物治療と運動療法による

経過観察になります。

 

重症患者には病変箇所の動脈内にカテーテルを入れ

バルーン(風船)を広げて血行の回復や、さらにステ

ント(金属網の筒)を入れる血管内治療と、閉塞血管

の迂回路をつくるバイパス手術があります。

 

病院の空きベット待ちの数日間、左足第3指先の激

しい疼痛に耐えて入院待ちをしました。

 

入院早々検査ずくめの日々が続いた結果、左足第3

指第1間接以下エソ(壊死)と診断され第1間接以下

の切除をしました、それでも治癒しませんでした。

 

それからは点滴治療や股間部に動脈注射が行われま

したが、症状ははかばかしくなく激しい疼痛に悩ま

され就寝前には鎮痛薬や睡眠薬の投与が欠かせませ

んでした。

 

それでも睡眠不足に陥りました。

その対処治療に自律神経の抹消交感神経節切除手術

が腰部両側に施されました。

 

それでも疼痛を完全に取り去ることが出来なかった

ことから、つま先の痛みを麻痺させる神経節切除手

術を両足首に施しました。

 

それでようやく疼痛は治まりました。

その間180日がついやされ退院日には、足腰の衰

えからベットを離れる際にはふらつく状態でした。

 

妻には3日置きに着替えを届けに、乳飲み子を抱え

ての通院に、心底感謝しました。

 

治療に当られた医師・看護師・医療スタッフの方々

にも、心から感謝いたしました。

 

人は1人では生きていけないことを、つくづく思い

知らされました。

 

退院後は経過観察と投薬を受けに、定期的に通院し

ておりました。

 

            

スポンサーリンク