(1)交通事故大腿打撲傷

 

20歳の春、オートバイ(ホンダ360cc)を運転し

て荷物を運搬中の事故でした。

晴れた日の夕暮れ間近の時間帯に、交通渋滞の明治

通りを日光街道と交わる交差点の1つ手前の赤信号

交差点で一時停車していました。

 

信号が青信号に切り替わるや、早々に先頭を切って

飛び出しました。

進行方向の前方交差点信号は赤で、対向車は無くス

ピードを出して直進したところ、左側路肩に停車中

の小型貨物自動車が突然Uターンをしたのです。

 

小型貨物自動車は前方信号が赤である内にと後方の

信号が青信号に切り替わったのを確認せずにUター

ンをしたものと思われます。

 

オートバイの走行速度は制限速度をオーバーしてい

たこと、小型貨物自動車は停車中と見なしたこと、

Uターンに気付いた時には急ブレーキをかけるとU

ターン車への激突は避けられないものと咄嗟に判断

しました。

 

瞬時にスピードを最大に上げてて小型貨物貨物車の

前を通り抜ける行動を取りました。

間一発にかけました。

 

しかし道路センターライン付近で小型貨物自動車前

部にオートバイ左側面へ激突されてしまいました。

 

オートバイのガソリンタンクとの間に大腿部を挟ま

れオートバイもろとも身体は対向車線側路面に右横

転し、右脚膝を猛打して対向車線歩道淵まで跳ね飛

ばされ、停車中の自転車に衝突して止まりました。

 

横転したオートバイの下敷きになった右脚をやっと

の思いで引き抜き、その場に座り込んだ直後に意識

を失ってしまいました。

 

もしかすると意識が戻らないまま息絶えていたかも

知れなかったのです。

意識を取戻した時は搬送中の救急車内でした。

 

病院に到着早々レントゲン撮影と救命処置がとられ

た結果、大腿部打撲傷と診断されました。

スポンサーリンク





入院治療1週間ほどは、ベットで動くことも出来ま

せんでした。

 

動くことが出来るようになって、和式トイレでしゃ

がむことが出来ずに閉口しました。

 

入院治療は半月に及び、退院の運びとなりました。

退院後、左大腿打撲痕は疼きが残り、正座が出来な

くなりました。

 

加えて、冬の季節には足が冷たく感じて、疼痛がで

るようになりました。

 

それ以外は、支障も無く、交通事故の記憶も年々薄

れ、日常生活は平常に戻りました。

 

初めて救急車で救急救命病院への入院でしたが、も

しかすると交通事故死になっていたかも知れないと

思うと、命は何にも代えがたいものであると実感し

ました。

 

救急車・救急救命士・救急救命病院・医師・看護師

・付添介護人や医療スタッフには心から感謝してお

ります。

 

今回の交通事故による入院で反省した点は、若気の

はやる気持ちにまかせてオートバイのスピードを出

し過ぎたこと、他車の行動を思い込み予測で運転し

たこと、安全確認が不行き届きだったことでした。

 

スポンサーリンク





広告