(10)網膜動脈分枝閉塞症

 

平成30年10月初頃の夕方、野菜炒め調理中に水

気による油はね水敵が右眼に飛込み一瞬痛みが走り

ましたが、それ以外は異常を感じませんでした。

 

10月6日になり右眼が霞み掛かっているのに気付

き、ドライアイ掛かり付け眼科医院で診察を受けた

結果、網膜動脈分枝閉塞症と診断されました。

 

網膜動脈分枝閉塞症とは医師の説明によれば、網膜

に血液を送る動脈が詰まり、その箇所から先の細胞

は死んでしまい、視覚が失われてしまいます。

 
網膜動脈が閉塞する原因は大要三つあります。

①網膜動脈に動脈硬化が起きて血管の内径が狭くな

っている状態で、血圧の変動などをきっかけとして

血液の固まりが形成されること。

 

②網膜動脈よりも心臓に近い動脈に動脈硬化が起き

ていて、何らかの拍子にその血管内の血液や脂肪の

固まりが血管内壁から剥がれ落ち、網膜動脈内に付

着すること。

 

③網膜動脈に炎症やけいれんが起きたり、あるいは

血液成分や血流に変化が起きて、血液の供給が途絶

えること。

 

①と②は動脈硬化がが原因で、加齢・喫煙・過食・運

動不足などが影響して、肥満・高血圧・糖尿病・高

脂血症があると、それら互いに悪影響を及ぼし動脈

硬化は急速に進行してしまいます。

 

網膜動脈分枝閉塞症は、網膜動脈の枝の部分が詰ま

るもので虚血部位に相当する視野が欠けるのです。

 

閉塞した網膜動脈は治療しなくてもやがて血流は再

開しますが、網膜の神経細胞が虚血状態に耐えられ

る時間は長くても1時間ほどしかありません。

 

この時間内に網膜動脈再に血流が再開しなければ、

神経細胞は二度と機能してくれません。

 

多数の人は急に目が見えなくなっても、緊急事態と

は認識できず、眼科受診までに数時間~数日経過し

てしまい、視力障害が残ってしまいます。

 

眼科医の診察では網膜動脈分枝閉塞部位が網膜焦点

から幸い外れていたことで、虚血部分の視野が見え

無くなっても失明する迄には至りませんでした。

 

10月6日に眼科医からは、現在通院中の大学病院

一般外科血管担当医師宛に紹介状(診療情報提供書)

を託されましたが、血管担当医からは血管血流改善

処置の全てを行っており処置無しとの返事でした。
 

その後、右眼に霞みが掛かっている状態は依然とし

て残り、左目も物体が二重に見え始めたことから、

眼科医院で再検査の結果白内障と診断されました。

 

平成31年3月眼科医からは大学病院眼科白内障専

門医師宛てに紹介状を書いて頂きました。